読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退職は、良い経験になる

カナダに行くにあたり、現在勤めている会社は退職します。

 

そのための手続きとか、給与や有給休暇の取得とか、各方面でやることいっぱい。

 

会社とのやりとりは、非常にナーバスになる。

会社は損をしたくないし、私は自分の権利を自分で主張して守らないといけない。

でも有給は不当に消されそうだし、給与や税金も会社に都合の良いように処理されそうで怖い。

昨日は話し合いで押されて、6月のボーナスをもらえない方向に話が進んでしまって、悔しくて泣いて帰りました。

 

やっぱり、私の過ごしてきた4年間は、空虚なだけの時間だったんだなと改めて感じています。

 

今の会社には特に会いたいって人もいないし、尊敬する人もいないし、

社外への人脈も全く持てないポジションでひたすら雑用をやってきただけの4年間。

それも、うちの会社の場合は「女性だから」という理由でそういう風に扱われてきました。

 

ずっと嫌で、こんなところにいたくないって思い続けて、なんとか脱出しなきゃってあがいて努力して、でも一方で律儀に半端に会社に忠誠も尽くして。

 

いったいなんだったんだろう。私は何がしたかったんだろう。

何に時間を使ってしまったんだろう。

 

同僚との関係も、初めての退職ということでやはり気にしてしまいます。

 

今までのしがらみを潔くすべて手放すつもりで決断したので、もう二度と会うこともない人たちなのだけど、でも人生なんてその繰り返しなのかもとこの頃急に思うようになったのです。

 

人生は年を重ねれば人との繋がりも増えていくものだと思っていました。

子どもの頃の繋がりが少ない私は、大人になったら人生に友や大切な存在を作っていこうと。

でも、同性異性問わず良い出会いがあったとしても、「ずっと続く」人なんてほとんどないんだなって思うようになりました。

 

昔の人と思い出を語り合うだけが人生じゃない。

私はまだ思い出を語り合うだけが楽しみな年齢じゃないし、

この先を見つめていくしかないですね。今は必死になる時。

 

自分を大切に生きていきたい。一日も後悔したくないし、今がほんとに大事だって感じています。

強く、おおらかに、まっとうに生きよう。